Jostockの株式投資ノート

お金より幸せ 他とはすこし違う投資のエッセンス

マイルールを破ってしまいました 〜反省文〜

投票いただけると大変モチベーションになります

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

f:id:jostock:20200818163926p:plain

 

ファストリー($FSLY )を買ったのはちょっとマズかったかな!

 

もはやグロース株投資界隈では有名なファストリーですが、私もついつい購入をしました。今日はこれについての反省文です。

前もって言っておきますがファストリーへの投資がマズいわけではありませんからね。

 

ファストリーはエッジコンピューティングと呼ばれるハイテク分野で、同社の技術力はこの分野で覇権と握れるとして注目されていました。

私はエンジニアでもなんでもない一般人で、細かい技術に明るいわけではないのですが、この企業や技術の将来性に期待して投資を行いました。

 

最高値より20%程度安値となった時点で購入!をしたのですが、ちょっと冷静になると後悔の念が沸々と湧いてきました。

 

暴落した株は買ってはいけない

これは単なるマイルールです。

つまり、私は損益がどうであれ高値圏で暴落した株はすべて売っています。ファストリーは決算後に高値より20%程度暴落したはずです。

 

わざわざルールにするくらいなので理由はいらないのですが、自分なりの考察があります。

機関投資家に売られている事実

出来高もそこそこありますので、当然、機関投資家にも売られているはずです。当然個人投資家の投げ売りが起こっている場合もあるでしょう。(高値圏なので利確売りですが)

短期的目線であっても、株価が相応しくないと認定されたわけです。長期的には機関投資家の判断は合っているとは限りませんが、短期的には少なからずコントロールされています。

低位株やIPO直後の高ボラ銘柄でない限り翌日には寝返るということはまずありません。

 

長期になればなるほど不確実性が増す

天気予報の台風の進路を思い出していただければ分かりやすいかと思いますが、長期の株価は予測困難です。恐ろしい下げ相場が再び来る可能性も含めて、です。

 

一方でバリュー投資家は、長期の株価こそ予測できる、との信念で投資を行っています。バフェット氏などの著名投資家などはそうです。

もちろん私も 短期の値動きは予測不能なのでトレードをしたくないですし、これと矛盾はしていますが・・・少なくともグロース株においては上昇中の株を持っていたほうが精神的には安定します。成績好調なグロース株が突如下落し、その後成長が鈍化することも多いからです。購入直後に含み損を抱えるリスクも減ります。

 

もうひとつ、株価の不確実性は嫌いです。ファストリーの下落の理由のひとつにTik Tokの収益の懸念もありました。同社の収益の割と大きなウェイトをTik Tokが占めるという情報もありました。

係争や大型の交渉を進行させていて株価がニュースで反応するような株も持っていたくはないです。$MSFTもさっさと売ってしまいました・・・

 

反省しましたよ

はい、反省したということでファストリーは持ち続けます。購入した時の前提条件が崩れたわけではありませんので。ただ、ポートフォリオの中で何かおいてけぼりを食らっているファストリーを見て微妙な気持ちになってしましました。

 

二度とマイルールは破りません!

 

 

記事が面白いと思っていただけましたら下の
様子がおかしい犬(投票ボタンです)
を押していただければ大変なモチベーションになります。応援ありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

Betmob|投資家ブログまとめメディア


プライバシーポリシー・免責事項