Jostockの株式投資ノート

お金より幸せ 他とはすこし違う投資のエッセンス

アップル株を買い増します 〜高値買い上等〜

投票いただけると大変モチベーションになります

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

f:id:jostock:20200822132732j:plain

昨日の米国市場、とりわけNASDAQ指数はアップル($AAPL)、テスラ($TSLA)が牽引しました。全体としては下げ基調だったのですね。特に最高値を更新したばかりのアップルが+5.15%とまさに高値から異次元の伸びを示しました。

 

私もアップル株を保有しており、買い増しをしようと指し値を設定していましたが、全く刺さりませんでした!

指値注文自体が愚かですYo!という説がありますが、何も購入しなくても評価額が予定の額に近づいていってくれたと考えれば悪くない話ですね。

(指値注文をしてしまうのは購入直後に含み損を見たくない含み損アレルギーの悪い癖ですね・・・)

 

高値の株は買ってもいいのか

上昇する株を見ると欲しくなるのは人間の性です。その一方で、高いところにあるものは勢いよく落ちると思い込むのも同じく人間の性ですよね。

 

私は今の時点でもアップル株購入はアリだと思っています。というか買い増すつもりです。テスラもアップルも買っても良いと思います。理由は両銘柄とも間違いなく現市況の先導株だからです。

この2社の共通点は意外に多いです。NASDAQ上場、株式分割、そしてなにより好決算であったという点ですよね。

 

先導株は市場が底値をつける前に上昇を開始し、その後もずっと市場を引っ張って行く銘柄です。アップルの株は決算後の10%超の上げも話題になりましたが、3月の株安以降も市場平均以上のリターンを出し続けています。テスラも好調時はNASDAQの他の銘柄も良く上昇している印象です。

 

市況のサイクルを見た時に、強気相場ではこういった先導株が天井を目指し牽引します。先導株が天井を迎えた後に、他のセクターやバリュー株、景気循環株に資金が広がります。この時点ではすべてのセクターが景況なのが特徴です。これがバブルの状態です。今はこれ(バブル)とは違うと思っています。

 

もちろん高値買いにも注意はいくつかあります。

ひとつは単なる高値掴みの場合です。イナゴは最悪ですよね。これを避けるために、上場来高値であることが役に立つかもしれません。また、引け間際に買うことでも明らかなイナゴ買いは避けられます。しっかりとした上昇トレンドを持つ銘柄は、その後数日〜数週に渡り上昇していきますからね。銘柄選別の際に4週以内の高値更新を狙いに行くという投資戦略もあります。

そして、先導株もいつかは天井を迎えます、これは強気相場の最終局面です。そしておそらくその後に市場全体の変調が続いて起こるはずです。今が強気相場と思えないのであれば先導ゴリラ株であっても高値の株は買ってはいけないことになります。 

 

高値買いは勇気が要りますが、少なくとも良いと思っている銘柄が落ちてきて買う行為よりは賢い選択だと思っています。

 

さて、テスラの株ほしいな、と思いつつやはり怖いのが正直なところで盛り上がっている人をみるだけで満足な私です。 

 

一方でアップルの投資は最善か、といわれればわからないのが正直なところですが、Mac、iphoneユーザとしてはAppleが今後衰退する想定は全く頭にないです。

 

 

投票いただければ大変なモチベーションになります。応援ありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

Betmob|投資家ブログまとめメディア


プライバシーポリシー・免責事項