Giostockの株式投資ノート

投資と人生の幸せを考える

ナイキ($NKE) ソールの厚い優良企業

投票いただけると大変モチベーションになります

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

f:id:jostock:20200912112513j:plain

ナイキ($NKE)ジャンプアップ

コロナショックと、それに続くNASDAQのハイテク株の躍進は目覚しかったです

。しかしここに来てその勢いも失速しています。

 

目下、NASDAQ指数は50日平均線を割りさらなる深みへ向かおうとしているようにも見えます・・・

 

しかし大丈夫です、50日線の下には51日線、52日線がきっとありそのうちどこかで反発するでしょう。

 

冗談はさておき、ハイテクグロース株の失速で、他の魅力的なセクターに目線を変え始めた方もいらっしゃるかと思います。

 

一般消費財セクターは、景気による波はありますが普遍的な消費による収益により、派手ではありませんが長らく底堅い成長を遂げてきたセクターでもあります。私は今回ナイキ($NKE)に注目しています。

 

私はどちらかと言えばアディダス派ですが、子供の頃、兄が履いていたエアフォースワンが自分も欲しくて、大きな合ってないサイズのスニーカーをぶかぶか履いていた思い出があります。 

今や大人になり、ナイキのシューズを手に入れるどころか株主となるチャンスがあります。資本主義とは素晴らしいですね。

 

今日はナイキ社の魅力と事業内容について簡単に記事にしてみました。

 

強みはブランド力

ナイキ社の強みはなんと言ってもブランド力です。全世界どこに行ってもナイキのロゴや社名を知らない人はいないと思います。

 

このブランド力を持って、ナイキ社は事業を行ったり、社会に企業のメッセージを発信しています。

ナイキ社が手掛けるブランドはNIKEの他にConverse、Jordanがあります。同社によると、ナイキが提供するものは商品ではなく思想であるそうです。

 

毎日進歩しようという気持ち。限界に挑戦して、常識を乗り越える姿勢。ウホッ

(※ウホッは同社のメッセージではありません)

 

そして、社会へのメッセージはIR情報のページの写真を見るとその特徴が伺えます。多様な人種の女性の写真が並んでいます。ナイキ社の今後の躍進の鍵になるテーマかもしれません。

 

抜きん出るこのブランド力をどう収益に結びつけるかが同社の成長のカギとなります。

 

ちなみに前四半期である4Qはコロナによる全世界的な需要減で予想コンセンサスを大きく下回る残念な内容でした。しかしここにきて株価は好調であり、改めて事業の状況について振り返ってみることにします。

 

ビジネス

最近の事業内容を、6月に発表された4Qの決算を参照しながら振り返ります。(参考:Nike社IRサイト, yahoo!finance)

 

 EC事業へのシフト

 コロナ以前よりオンラインでの製品販売を強化していました。3年ほど前よりthe Consumer Direct Offenseという消費者にフィットした商品をダイレクトに販売を行う戦略を掲げ、体験型のコンセプトショップも実験的に展開していました。

 コロナで実店舗での売り上げが大幅に減ったため、四半期決算の全体では赤字収益となっていました。さらに自粛による実店舗販売の減少や需要減で、在庫が前四半期ベースで30%超の増加となっていました。小売事業にとって在庫の増大は粗利を削り収益率を下げるようになります。デジタルトランスフォームによって在庫管理、需要把握の効率化を同社は目指しています。

 オンライン販売は四半期ベースで75%増となっています。実店舗が再開されてもなお、オンライン販売の重点化、売上成長を計画しています。

 

 コロナで収益を伸ばしたオンライン、アプリ事業

 現在の収益の大きな成長となっている部分はナイキ社が提供するデジタル事業、オンラインでの販売やトレーニングアプリです。コロナがもたらしたデジタル文化の加速はナイキ社にも影響を及ぼしました。中国やヨーロッパ、アフリカを含めたナイキ社のデジタルコンテンツは10億ドル以上の収益をもたらしています。現在ではデジタル事業が全体の売り上げの30%近くを占め、通年では55億ドルの売り上げとなっています。特に中国では、今年に入り300%以上の成長を遂げました。

 

 商品市場の拡大

 現時点ではナイキブランドの顧客の半数以上が男性とされています。さらにナイキといえばスポーツウェアのイメージですが、前回の決算時の展望では女性向け事業とキッズ事業にも重点をおくとアナウンスしています。すなわち、スポーツウェアのみならず、より日常的な着用を想定とした製品の市場拡大、投資を進めていく様です。これはナイキブランドのHPにも見て取れます。

 

 

 

チャート

長期チャート

f:id:jostock:20200912125155p:plain

f:id:jostock:20200516130331p:plain
ダウ犬

これは見事なチョモランマチャート!

 

f:id:jostock:20200516130335j:plain
Jostock

ナイキは前の決算では期待外れだったけど、これまでずっと市場リターンを上回ってきた超優良企業なんだよ

 

f:id:jostock:20200516130331p:plain
ダウ犬

いまだに上昇中!でも角度が高過ぎて投資するの怖い・・・

 

f:id:jostock:20200516130335j:plain
Jostock

(ハイテク株のチャートみたことあるはずなのに・・・)

6ヶ月チャート

f:id:jostock:20200912123730p:plain

ウホッこれは美味しそうなチャート

過去6ヶ月のチャートです。

ミネルヴィニ式のグロース投資法においては実近のベースからの高値更新(矢印)が投資のタイミングであったと言えます。出来高も伴いいい感じです。

現在も上場来高値(All Time High!テンション上がるやつ)更新中です。

 

まとめ

ナイキ社は長らく市場パフォーマンスを超えるリターンを示してきた優良企業です。コロナの影響を受け一時的な需要減で赤字決算となっていましたが、強力なブランド力を盾に同社の経営が沈みゆくことはないでしょう。

 

今後はコロナで加速したデジタル化社会にいかにフィットし収益を上げるか、同社が掲げるConsumer Direct Offenseの進捗に期待がかかると思います。

 

一般消費財セクターは、素材や工業、金融の様な景気によってパフォーマンスが左右されるシクリカル銘柄のセクターに含まれます。ハイテク企業の失速が起こっている最中、長期金利の動向やコロナワクチンの完成による消費増期待によりこういった景気循環型のセクターへの投資にも脚光が当たりつつあります。

 

中でも、ナイキ社は実績十分であり、そのブランド力からも長期的にはかなり堅い投資先と言えます。

 

ナイキ社にかかわらず、デジタルは今や消費者が行うすべての行動の基本であり中心となります。コロナによる一時的な需要増減のフェーズはそろそろ終わりを迎えそうです。今後は社会が長年かけて行われる予定だったデジタルトランスフォーメーションの加速、順応に焦点を当てて企業を評価する必要があると感じています。

 

ナイキ社の株、ただいま1つ¥12,800程度となっております。

 

欲しいスニーカーを1足我慢して、ご検討いかがでしょうか。

 

 

(※投資は自己責任でお願いします)

このブログは収益化に失敗したアフィ無しブログです
押せるボタンは下の投票ボタンだけです(ToT)
押していただければモチベーションになります

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

 

Betmob|投資家ブログまとめメディア


 

 

 

プライバシーポリシー・免責事項